赤ちゃんは家庭にとってとても大切なもので、宝物にもなりますよね。

母親だけではなく父親も参加するということは、大切な二人の子の育児になりますので大変重要になります。

我が家でもそうですが、最近の家庭の特徴は夫婦共働きをしているということです。

イクメンという言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、男性にも仕方なく子供の世話をするのではなく積極的に育児をていただきたいですよね。

かなり以前のことになりますが、育児に関して夫婦で色々と苦労話を紹介したいと思いますので、参考になりましたなら嬉しいです。

母親も仕事をしている場合は、全てのことを一人だけで育児を済ませるということは不可能になります。

自分一人だけで育児をしていると、とっても大きな負担がかかってしまいます。

負担が大きくなってしまうとストレスやイライラなどが増えてきてしまい、つい子どもに対して八つ当たりをしてしまうこともあるので気をつけなければいけませんよね。

ストレスなどをためこまないようにするためにも、ふたりで話し合って仕事の分担をすることが理想的になります。

お互いに仕事をしているために、二人で助け合いながら育児ができるようにしていくということになります。

なるべく私が食事の用意をするようにして、帰宅が遅くなったりする場合や時間がない時には主人に代わって用意してもらうようにしました。

私の代わりに食事を作ってもらうことができるため、仕事を急いで切り上げるという必要がなくなります。

仕事を最後まで打ち込めるようになったために、家の中に持ち帰るということがなくなり、良かったです。

ほとんどの仕事を会社で済ませることができるので、自宅に帰ってからは育児に専念することができるのも父親が参加してくれるというメリットがあります。

食事の用意以外にも、仕事の帰りがけにお買い物をしてもらうように頼むようにしています。

私だけで買い物をしていると、必要な物を買い忘れてしまうことが珍しいことではありません。

もし買い忘れた時にでも主人に頼むようにすれば、子どもを家において外出する必要がなくなります。

子どもを連れて買い物に行くこともありましたが、一緒にいると危険が多くあったので頼むようにしてよかったです。

保育園などの送迎も、父親が代わりに行くと何かと便利になりました。

最初の頃は少し恥ずかしいと言っていましたが、今では時間を見つけて自分から保育園などに連れて行ってくれます。

子どもがどのような環境で過ごしているのかは、母親だけではなく父親も知っておいたほうがとても便利です。

私の代わりに送迎を頼んでも、今では嫌な顔をすることはありません。

食事の用意や子供の世話などを通して、育児の大変さがよく分かったといっています。

今までよりも仕事から帰宅する時間が早くなり、家族全員で過ごすことが増えているのもメリットです。

オムツの世話や入浴なども慣れてきたため、今までよりもとても上手にできるようになっています。

大切な子育てをしていくためには、母親だけではなく父親の協力と理解が必要だと感じるようになりました。