愛と現実の葛藤とは何か難しい恋愛成就の事なのか、いや実はそう言う熱い人間の話しでは無い。

最近社会問題の一端をなす保護猫の問題なのだ。

実家の父がいつの間にか捨て猫を数頭保護し始めてから十数年にはなるのか、自宅にシェルターと言うべき大きなケージを並べている。

つい2~3日前に一頭が老齢の病気のせいか死んでいて現在は12頭を飼育している。

飼育するその内訳は海辺の公園から保護したものや人に頼まれて引き取ったものらしい。

元から飼い猫らしく人懐っこいものから実はよく捕獲できたなと思う程性質の荒いものまで居る。

猫は自分も嫌いでは無く小さい時からよく迷い子猫が可哀想とそれをペットにして一頭は置いて居たのだ。

ペットとして懐つかせれば猫は人間に対して反応も柔らかくとても可愛らしいものだ。

若い頃から時々実家に帰ってくると、大きな白猫と小さな寅猫が玄関口で大きな目を向け迎えてくれて何かファミリアで愉快な気分になったものだ。

はっきり言って家は猫を始め前に飼っていた犬も含め大変な動物好きだった。

母が元々は猫好き育ちだったらしい。

自分も家の台所に行けばその飼い猫がすり寄って来る家庭環境に育ったので、しぐさの愉快な猫達が家の話題の中心になる事も多かった。

この缶詰が好きみたい、変な虫を捕まえたよ、そんな話ばかりの様子に何故父が家の子女のその位置を取る事を逆転しすっかりそこに身を入れたのか?

それは色々な事があって家の中の多くの会話が刺々しいものになった時に家族の顔が明るくなると言えば、猫や金魚や庭に集まる小鳥の話しだけだった事もあった。

父に関しては良く分からないのだがこの様に女達に対して単純な理解と行動しか多くの男達が持ちたがらない風潮の様に、女達の事など真面目に考えるのが面倒臭いのだろう。

確か今までの職場の人間関係でも多くがそうだったが、つまり家族に戻って共通話題もそれ程多くは無いサラリーマン家庭もあって普通で、我儘すぎの性格と周囲には評される母の事を含めて家庭環境を保護する為に父が興味を持ったのが御猫様なのだった。

どうもこう一般の男性と言うものは女性に対して理解の幅の動きが短絡的なのだろうと思う事は多い。

どんなに職場では煩雑な問題に思考を巡らせていてもである。

最近の猫ちゃんブームには女性が多く関与していると思えば男女差は無い様だ。

保護施設を覗きに行った時に「こいつは、仲間の猫の額をみんな舐めちゃうので引き取られたのですよ。」

などと説明に出たのは男性係員だった。

この方も猫好きなのかどうなのかは分からないが、この仕事を引き受ける位だから猫嫌いでは無いだろう。

猫ちゃんブームを素直に家庭環境に取り入れれば会話を繋ぐ一人として動物である猫も家族関係に加わる。

人間と共に猫にも衣食住の意思表示がある。

家族の会話を増やして貰えるのだ。

家の父も高齢で、この2~3年は循環器系疾患を起こし、家の中では何か小さな作業に失敗して騒いでいたり若い頃の様な健康体では確実に無い。

その様なもう終活期と言われる状態で保護猫活動と称する猫の飼育を続けられては後から残される者としては生活に大変な負担が掛かる心配が起きている。

元々父は母の神経病的体質と酷くぶつかった経緯もあり、小鳥や猫の世話に没頭する母の心理的なものが父の方にまで伝播しこれは一緒になって少し可笑しくなると言う神経病的な要素を含んでいる様子が衆知の通りであった。

猫の事一つで通りにも聞こえる様な大声を出す。

それでも父は普通に生活する能力はあるので、この無理な保護猫活動は年齢を追うにつれただの奇行としか見られていない変わり者扱いなだけの可能性もある。

もう仕方が無い、自分は恥ずかしくなっても開き直るしか無い。

それでも世を騒がす多頭飼育崩壊の例を見れば12頭は少ない方である。

家にもっと若手が居れば全て普通の飼い猫としても何と言う事も無い。

後に残されるのであろう自分だけがこの頭数を引き受けるのは、仕事などをしながらでは体力的に経済的に無理が掛かると言う心配がのしかかって行くだけだった。